語り得ぬものを語る

主に腕時計と鉄道について語るブログです。自分の所有する物や、商品レビューなども書きます。

グランドセイコー復刻モデルSBGW253

地元の伊勢丹で、グランドセイコーの復刻モデルであるSBGW253見ました。このシンプルなデザインに38ミリは大きすぎるかなという印象です。あと、60万という値段にもちょっと閉口です。それならハイビートのSBGH001かスプリングドライブのSBGA011の方がいいなと思いました。

f:id:reversoduo:20170402205900j:plain

 

にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
にほんブログ村

カッサンドルとグランドセイコー

肌寒いですが、もう今日から4月ですな。春は出会いと別れの季節ですね。お気に入りのグランドセイコーと、先日訪れたカッサンドル展のポスターを並べて取ってみました。分かりにくいと思いますが、線路の向こうに見える星と、時計の文字盤にある星をかけてるのがポイントです。

f:id:reversoduo:20170401103431j:plain

 

にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
にほんブログ村

2017バーゼル グランドセイコーの新デザインについて

久しぶりに時計の話。

バーゼル2017で新しいGSのデザインが発表された。

f:id:reversoduo:20170325090426p:plain

なんでしょう、この違和感。以前から、GSの文字盤は、SEIKO、Grand Seiko、GSと同じような内容を載せていてくどい印象でした。しかも、フォントはバラバラなので統一感がありませんでした。

今年からGSをSEIKOから切り離し、独自路線を歩むことにするそうです。確かに、SEIKOは、数千円の時計から数十万〜数百万の幅広い価格帯の時計を作っているので、最高級ブランドであるGSではSEIKO表記を取って、立ち位置を明確にしたいのは分かります。

しかし、この新デザインを見ると、現行モデルの12時下のSEIKO表記を取って、GSロゴとGrand Seiko表記を上に移動させただけのものに見えます。結局、ロゴと商品名の2段重ねは解消されておらず、レイアウトのデザインが上の方ばかり重たく見える。

以前から、SEIKOの時計については「性能ピカイチ、デザインイマイチ」と思っているのですが、これはよくないですね。よく考えた末の結論なのかもしれないが、安直なデザインとしてしか伝わってこない。スプリングドライブのロゴに至っては、斜め位置に置かれるなど、さらに酷い。現行モデルを愛好する者としては、ディスコンになる前に、欲しいものを手に入れておく必要があるかなと思いました。

f:id:reversoduo:20170325092343p:plain

にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
にほんブログ村

仕事のお話

仕事が忙しくて、全然ブログの書き込みができない。充実しているといえるのかもしれないが、申し訳ない気もする。入試シーズンは終わり、私の勤める教材制作会社はここからが忙しい。今年もいろんな学校の入試問題を集めて問題集を作ってます。私が担当している英語は例年2万5千部くらいは出るので、今年は3万部が目標です。売れるといいな〜。

f:id:reversoduo:20170319215444j:plain

震災から6年

震災から6年か。以前、被災地を訪れたときに書いた文章をアップしました。今はどうなっているのだろう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

次の日は車で志津川南三陸町)に行くことにした。志津川は震災の甚大な被害があった場所で、町の多くは津波に流されて消失している。 
当初、被災地を訪れる予定はなかった。物見遊山のような形で行くのは、亡くなられた方々や、生活の拠り所を失いながらも必死に生きている方々に失礼なのではないかと思っていたからだ。 
しかし、登米市から志津川までは車で40分程度の距離と比較的近く、また、被災地の様子をこの目に焼き付けておくことは意味があると思えたので、叔父と叔母に連れて行ってもらうことにした。 

峠を越えると、眼下に志津川の町が広がってきたが、見渡す限り何もない。ここには、本当に1年半ほど前に町があり、人が住んでいたのだろうかと思う。 

町に近づいていくと、赤茶けた立木が散見された。内陸部まで津波が押し寄せてきたために、塩害によって枯れてしまったのだ。 
f:id:reversoduo:20170312125902j:plain
海岸付近まで来て一旦車を降りる。叔父と叔母から、「小さい頃ここに海水浴に来たのだが、今ではすっかり様変わりしてしまった」とか、「知り合いが車ごと津波に流されて家族全員が亡くなってしまった」などの話を聞いた。津波は町や人だけでなく、人々の記憶すら押し流してしまう。 

町の中心部に戻ると、かつて目抜き通りだった場所は建物の基礎部のみが残り、遺跡のようになっていた。建物の跡地には白い看板のようなものが立っている。これは、この地方伝統の「きりこ(切り絵)」で、町の記憶を風化させないようにする試みらしい。 
防災センターの入口には千羽鶴や花が手向けられていたので、その前で私たちは合掌した。 

f:id:reversoduo:20170312125911j:plain
f:id:reversoduo:20170312125915j:plain
その後、「南三陸さんさん商店街」を訪れた。ここは、地元で獲れた水産物などを売るお店が30点ほど寄せ集まっているところで、多くの客で賑わっていた。焼きたての帆立貝やかまぼこが本当に美味しい。 
f:id:reversoduo:20170312125923j:plain
http://www.sansan-minamisanriku.com/ 

被災地復興、などと口にするのは簡単だが、実際には途方もなく長い道のりだ。それでも、復興の萌芽を見ることが出来たのは嬉しかった。

A LIFE

ドラマ「A LIFE」で浅野忠信竹内結子がしている時計。医者のイメージに合うのでしょうか? 

f:id:reversoduo:20170228085454p:plain

レベルソ推しがすごいですね!

にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
にほんブログ村

グランドセイコーの記事

最近仕事が忙しくて、ブログの更新が滞りがち。そんななかでも、定期的に読んでいただいている方には大変感謝しております。

最近は、週末の空いた時間に時計の記事を書いてアップするのが習慣になっています。ロレックス、ブレゲ、グランドセイコーの記事をウォッチモンスターさんに載せてもらいました。掲載記事の半分くらいはロレックスの内容なので人気の高さが窺えます。国産時計だとセイコーですね。なかでも、グランドセイコーは愛好者が多いみたいで、昨日載った記事のViewer数も3000近くになりました。最初はViewer数が少なかったので、自己満足的な内容で失敗したかなと思ったのですが、徐々に数を伸ばして今は順調です!

watch-monster.com

にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
にほんブログ村