読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

語り得ぬものを語る

主に腕時計と鉄道について語るブログです。自分の所有する物や、商品レビューなども書きます。

グランドセイコーの真実

グランドセイコーといえば日本を代表する高級時計だが、私もSBGT027というモデルを持っている。これは9Fクォーツ15周年記念の300本限定品で、私の大事なコレクションの一本だ。かつてSBGT015という9Fクォーツを代表するモデルがあったが、その特別仕様版である。以下に特長を述べる。

 f:id:reversoduo:20161208231248j:plainf:id:reversoduo:20161208232205j:plain

年差±5秒というスペック

載せているキャリバーは9F83で通常モデルと一緒だが、半分の誤差まで精度を追い込んでいる。実際の精度は年差±1秒程度なのだが、セイコーはクレーム対策を考えているのか、余裕を持たせた数値を謳っている。 

f:id:reversoduo:20161208231040j:plain

個体差はあるが、実際の精度も年差±5秒の特別仕様の方が若干良いようだ。そういう特別感が所有欲を満たしてくれる。

 

以下はセイコーのホームページ

www.seiko-watch.co.jp

 

和紙のような文字盤

SBGT027の特長の一つは純白の文字盤だ。9Fクォーツ15周年記念モデルということで、文字盤には15本のストライプが施されている。15周年=15本というのはいささか安直な発想にも感じられるが、和紙のようなきめ細やかな文字盤にうっすらと上品に線が引かれていて美しい。SBGA011の雪山を模した文字盤に通じるものがある。

f:id:reversoduo:20161202221242j:plain

五芒星

年差±5秒を象徴する星のマークは、特別な時計であることをアピールしている。オメガのコンステレーションにも星のマークはあるが、あちらよりもだいぶ小さいし、そもそも数字の5に引っ掛けているので意味合いが違う。GSの時計は概して地味だと思うので、星のデザインを加えることで華やかで若々しい印象になっている。

 

ブルースチールの秒針

今でこそ珍しくはないが、2008年当時でGSクォーツにブルースチールを使用しているものはなかった。その意味で画期的なモデルといえる。白い文字盤の上を青い秒針が力強く回転していく様は、見ていて気持ちがよい。

 

その他

裏蓋にはゴールドのメダリオンや、記念モデルの刻印がされていて、特別仕様の名に恥じぬモデルとなっている。

 

 

にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
にほんブログ村