読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

語り得ぬものを語る

主に腕時計と鉄道について語るブログです。自分の所有する物や、商品レビューなども書きます。

プレザージュ 漆モデルについて

某量販店でセイコーのプレザージュの漆モデルを見た。限定品だけど、まだ残ってたんですね。


パッと見、若干大きい気がしたが、腕にのせたところ違和感はなかった。約40ミリの径は現代的な標準サイズというところだろうか。針の多いクロノグラフなので、大きくても間の抜けた印象はない。 


店員さんによると、琺瑯の方がずっと人気があったらしく、これが残り一本ということだった。漆黒の文字盤はまさに「和の黒」という印象。デザインについては文句の付けようがなかったのだが、気になったのは時計の厚み。 

堅牢さを重視するセイコーの機械式時計は厚みがあるけれど、クロノグラフだとさらにそれが増す。レックスやジャガールクルトの時計に慣れた私はそこが気になる。そういった意味ではスイスの時計は厚みを押さえているので、装身具として洗練されているように思う。 

ただ、これは時計に対する設計思想の違いによるのだろうから、優劣をつけるものでもない。 

素材を考えればバーゲンプライスなんだろうけど、去年レベルソを買ってしまったこともあり、是が非でもと購入意欲をそそられるところまではいかなかった。限定モデルなので、今がチャンスなのだけどね。

f:id:reversoduo:20161224082241p:plain

にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
にほんブログ村