読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

語り得ぬものを語る

主に腕時計と鉄道について語るブログです。自分の所有する物や、商品レビューなども書きます。

ロシアの腕時計 シュトゥルマンスキー

Watch

ロシア製の時計といえば、一般的には安価で粗悪品のイメージが強いだろう。実際に手にしてみればその通りなのだが、実用に耐えうる程度の品質はクリアしているので、一部の好事家には人気があるらしい。


そんなロシア製の時計の中で、最も有名なものの一つがシュトゥルマンスキー(Navigationの意味)のクロノグラフだ。
f:id:reversoduo:20161206231408j:plain

 

この時計には"伝説"がある。
地球は青かった」の名言で知られるユーリー・ガガーリンが、シュトゥルマンスキーを装着して、1961年に人類史上初の有人宇宙飛行をしたというものだ。

宇宙に関する時計といえば、真っ先に思いつくのがオメガのスピードマスターだが、あちらは月面着陸に初めて成功した時計なのであり、元祖スペースウォッチといえば、このシュトゥルマンスキーなのだ。こういう蘊蓄やストーリーを語れる時計というのは意外と少ない。

ただし、私が持っているのはガガーリンのモデルではない。日本人初の宇宙飛行士である秋山豊寛氏がソユーズ「TM-11」に搭乗した際に身につけていたモデルだ。

http://www.syohbido.co.jp/russia/shturmanskie/shturmanskie-banner-600-6.jpg

(この写真は正美堂さんのHPからの写真を拝借しました)


バルジューのデッドコピーとも言われるCal.3133を搭載するクロノグラフ。操作感がよいとは決していえないが、文字盤のカラフルな色合いといい、キリル文字といい、独特の雰囲気を持っている。いわゆる高級時計ではないが、味があって気に入っているので、これからも大事にしていきたい。

f:id:reversoduo:20161206231434j:plain

にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
にほんブログ村