読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

語り得ぬものを語る

主に腕時計と鉄道について語るブログです。自分の所有する物や、商品レビューなども書きます。

カミーユ・フォルネ交換記

Watch

先日仕事で築地に行ったのだが、その合間を抜け出して銀座の天賞堂へ向かい、修理に出していたグランドコンプリケーションを引き取りに行った。 

検査の結果は単なる電池切れで、機械は故障していないとのこと。 安く済んで気を良くした私は、革ベルトを新調しようと思って天賞堂の純正革ベルトを見たが、今ひとつピンとこない。 

そこで、高級時計の革ベルトで有名なジャン・ルソーに行った。 
店の入り口には色鮮やかなベルトが掛けられており、思わず胸が高鳴った。 お店の人に要望を伝え、手持ちの時計に早速当ててみると、時計の印象がガラリと変わった。 

 

ただし、既製品は35000円からというので予算オーバー。時計のベルトってワニ皮のほんの一部なのに、いくら希少部位とはいえ何でこんなに高いのかという気がする。 

しかも、私は裏地にラバーを付けて夏でもガンガン使いたいと思ったので、その旨を伝えるとカスタムオーダーするしかなく、1ヶ月以上の納期と50000円以上の値段と分かり、失望して店を出た。 
今思えば、ボルドー(ワインレッド)の革ベルトはなかなかよいと思ったが、年の割には粋がり過ぎかなという気もする。 

そのあとは和光に寄ったが気に入ったものはなかったので、銀座三越カミーユ・フォルネに行ってみた。
自分が欲しい条件を伝えると、裏がラバーで加工してあるベルトが数本出て来た。ジャン・ルソーの革ベルトの方が発色がよかったが、カミーユも老舗だけあって落ち着いた高級感が漂っていた。革製品の場合、価格とクオリティが明らかに比例する。 

いくつか試したところ、鉄板の組み合わせともいうべき、黒革にすることにした。ピンクゴールドに黒革というのはセクシーではないか。

f:id:reversoduo:20161213211147j:plain 
f:id:reversoduo:20161213211211j:plain
早速付けてみたところ、おフランスの高貴な雰囲気が漂い、時計の値段が一桁上がってしまうくらい印象が変わった。ぱっと見、パテックではないか?? と見紛う雰囲気でノックアウトされ、普段衝動買いなどしない私が瞬殺されてしまった。 

うちに帰って、酒を飲みながらしげしげと眺めてご満悦。 SBGT027と並べてみても全く引けを取らない。 
f:id:reversoduo:20161213211240j:plain
それにしても、私は一体時計にいくら金をつぎ込むのだろう。 誰か私によい薬をください。

にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
にほんブログ村