語り得ぬものを語る

主に腕時計と鉄道について語るブログです。自分の所有する物や、商品レビューなども書きます。

時計探しの旅

仕事用にグランドセイコーのクォーツ、遊び用にロレックスのエクスプローラー1、冠婚葬祭用にジャガールクルトのレベルソ・デュオ。自分にとってはこれらの時計が三種の神器で、これ以上は必要ないと思えてきました。時計探しの旅もいよいよ終着点なのかもしれません。

f:id:reversoduo:20170510234120j:plain

にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
にほんブログ村

2017 関西一人旅を振り返る

GWに関西に一人旅をしました。写真とともに振り返ってみます。

斑鳩の里で見た鯉のぼり。「銀も 黄金も玉も 何せむに まされる宝 子にしかめやも」奈良出身の歌人である山上憶良の歌です。子どもを思う親の気持ちは、いつの時代も変わりません。

f:id:reversoduo:20170507173044j:plain

法隆寺といえば何と言っても聖徳太子で、最近は教科書の表記を「厩戸皇子」にするとかしないとかで問題になりましたね。聖徳太子といえば、昔読んだ「日出処の天子」のインパクトが強いです。

f:id:reversoduo:20170507173140j:plain

斑鳩の里を散策の後、布穀薗でスイーツを食べる。チーズが美味でした。

f:id:reversoduo:20170507173209j:plain

鶴橋に行って人生初の一人焼肉。駅を出たら焼肉屋の煙が充満してます。コリアンパワー炸裂の町です。

f:id:reversoduo:20170507173258j:plain

夜の心斎橋周辺。中国人と韓国人の熱気が凄い。ここは日本だよね?

f:id:reversoduo:20170507173328j:plain

南海なんば駅。大阪で一番好きな駅です。

f:id:reversoduo:20170507173358j:plain

空海が入定して1200年近く経つが、現在も生きて見守っていると言われる奥之院。

f:id:reversoduo:20170507173433j:plain

金剛峰寺の枯山水。周囲の風景と溶け込み、一幅の絵画のようです。

f:id:reversoduo:20170507173503j:plain

食堂で食べた精進料理。味そのものよりも雰囲気を味わう感じでした。。

f:id:reversoduo:20170507173546j:plain

壇上伽藍にお参り。根本大塔と金堂を観る。御朱印を先に渡したら、拝観してから功徳を受けるものですよ、とお坊さんに優しく諭される。

f:id:reversoduo:20170507173619j:plain

極楽橋に集う三人衆。気楽な一人旅なので、私はどれにも乗らず普通列車に乗り込む。

f:id:reversoduo:20170507173649j:plain

住吉大社の近くにひっそりと佇む「住吉の長屋」。安藤忠雄のデビュー作です。個人の家なので、撮影には気を遣う。

f:id:reversoduo:20170507173717j:plain

大阪のシンボルである戎橋。イチャイチャしたカップルが多い。もうおじさんの私から見れば、若いっていいよなと思う。40過ぎたら、美男美女でも無理です。。

f:id:reversoduo:20170507173741j:plain

富田林の寺内町。往時の人の生活が現代も息づく。町を散策していると、織田作の文学碑があり「人生とは偶然の連続である。偶然を敏感に感受して必然に変えるのだ」とあった。哲学的ですね。

f:id:reversoduo:20170507173817j:plain

富田林にある180mもの高さを持つPL塔。人間の「信仰」というものを考えさせられる。

f:id:reversoduo:20170507173900j:plain

お上りさんじゃないので、あべのハルカスを下から眺める。じゃないと全景が見えない。高いだけのビルで何も印象に残らない。

f:id:reversoduo:20170507173927j:plain

なんばに戻り、老舗の定食屋「はり重」のスペシャルランチで旅を締めくくる。

f:id:reversoduo:20170507173957j:plain

高野山

仕事が非常に忙しくて、気分転換を図りたい。そんなことを毎日考えているうちにGWが近づいてきたので、思い切って旅行に出掛けることにしました。目指すは高野山。本当は宿坊に泊まりたかったのだが、人気があって予約が取れなかった。ガイドブックや関連書を買い込んで少しずつ読んでます。

f:id:reversoduo:20170423213653j:plain

 

 

グランドセイコー復刻モデルSBGW253

地元の伊勢丹で、グランドセイコーの復刻モデルであるSBGW253見ました。このシンプルなデザインに38ミリは大きすぎるかなという印象です。あと、60万という値段にもちょっと閉口です。それならハイビートのSBGH001かスプリングドライブのSBGA011の方がいいなと思いました。

f:id:reversoduo:20170402205900j:plain

 

にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
にほんブログ村

カッサンドルとグランドセイコー

肌寒いですが、もう今日から4月ですな。春は出会いと別れの季節ですね。お気に入りのグランドセイコーと、先日訪れたカッサンドル展のポスターを並べて取ってみました。分かりにくいと思いますが、線路の向こうに見える星と、時計の文字盤にある星をかけてるのがポイントです。

f:id:reversoduo:20170401103431j:plain

 

にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
にほんブログ村

2017バーゼル グランドセイコーの新デザインについて

久しぶりに時計の話。

バーゼル2017で新しいGSのデザインが発表された。

f:id:reversoduo:20170325090426p:plain

なんでしょう、この違和感。以前から、GSの文字盤は、SEIKO、Grand Seiko、GSと同じような内容を載せていてくどい印象でした。しかも、フォントはバラバラなので統一感がありませんでした。

今年からGSをSEIKOから切り離し、独自路線を歩むことにするそうです。確かに、SEIKOは、数千円の時計から数十万〜数百万の幅広い価格帯の時計を作っているので、最高級ブランドであるGSではSEIKO表記を取って、立ち位置を明確にしたいのは分かります。

しかし、この新デザインを見ると、現行モデルの12時下のSEIKO表記を取って、GSロゴとGrand Seiko表記を上に移動させただけのものに見えます。結局、ロゴと商品名の2段重ねは解消されておらず、レイアウトのデザインが上の方ばかり重たく見える。

以前から、SEIKOの時計については「性能ピカイチ、デザインイマイチ」と思っているのですが、これはよくないですね。よく考えた末の結論なのかもしれないが、安直なデザインとしてしか伝わってこない。スプリングドライブのロゴに至っては、斜め位置に置かれるなど、さらに酷い。現行モデルを愛好する者としては、ディスコンになる前に、欲しいものを手に入れておく必要があるかなと思いました。

f:id:reversoduo:20170325092343p:plain

にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
にほんブログ村