語り得ぬものを語る

主に腕時計と鉄道について語るブログです。自分の所有する物や、商品レビューなども書きます。

腕時計を見てぼんやりと考えたこと

物の「好き嫌い」というのは極めて主観的・個人的なものだ。例えば、どうしてその時計が好きなのか、といくら具体的な理由を考えて掘り下げていったとしても、結局は「好きだから」ということに尽きてしまう。

それに対して、物の「良し悪し」というのは、知識や経験を積めばある程度判断出来るようになる。例えば、本やネットで情報を仕入れたり、よい時計をいくつか見たり触ったりすれば、自然と良い物がどういうものなのかが分かってくる。また、良し悪しを定義することは、それを聞いた人が納得出来るかはさておき、それほど難しくはない。
すなわち、物の好き嫌いは個人の感性に依り、良し悪しは知性に依るものだ。

しかし知性と感性は別個独立の存在ではない。
知識を深めていくほど感性は磨かれ先鋭化していくし、研ぎすまされた感性は知性を刺激し高みへと導く。両者は相互作用するものだ。

f:id:reversoduo:20170510234120j:plain

にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
にほんブログ村

ほっと一息

世の中は3連休ですが、仕事が忙しくて今日も出社。自室で晩酌するのが最高の寛げる時間。にしても、これ酸っぱいな。。

f:id:reversoduo:20170916223312j:plain

ウルフギャングステーキ

今日は新しい学習指導要領のセミナーで講義をしました。担当は英語。難しいことを人に分かりやすく伝えるには、内容を本当に理解していないといけないなと実感。

セミナー後は打ち上げで、丸の内のウルフギャングステーキで会食。おいしかったけど、すべてがアメリカンサイズでビックリ。

f:id:reversoduo:20170909230543j:plain

wolfgangssteakhouse.jp

 

一万年の品質保証

先日も書いたけど、愛用するツバメノートのこと。表2(表紙の裏)の宣伝文句が面白い。「一万年以上永久保存が利く中性紙フールスです。」とある。そんなに長生き出来ないので検証不可能だが、自信のほどがうかがえる文章だ。私は教材の編集者ということもあって、文章を書くということにこだわりをもっているため、文房具に対しても人一倍うるさいのだ。

f:id:reversoduo:20170903152759j:plain

お気に入りのGショック

休日のお父さん時計Gショック。9月に入り秋の風が心地よいです。機械式時計は味わい深いけど、カジュアルな装いにはこちらの方が相応しいかもね。反転した液晶がクールです。

f:id:reversoduo:20170902161958j:plain

にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
にほんブログ村

晩年の父

読書の秋ということで、20年近く前に買った本を取り出してみる。文豪の素顔を知りたくて買った本だが、父親となった今は読んだ印象も違う。こんな風に鷹揚に構えて子育て出来るのは、やはり大人物なんだろうなと感じた。娘も文章がうまいね。

f:id:reversoduo:20170830231902j:plain

三越ワールドウオッチフェア

昨日は三越のワールドウオッチフェアに行ってきました。SNSを通じて知り合った方と、私を含めて3人で見て周りました。普段目にすることが出来ないようなモデルもたくさん見れて楽しかったです。

f:id:reversoduo:20170827173822j:plain

私が前から欲しいと思っているグラスヒュッテオリジナル(GO)のパノリザーブもありました。目が肥えてしまったせいか、もう普通の時計では満足出来ません(汗)。

いつかは雲上を、と目標にしていますが、いつのことになるのやら。やはり裏がシースルーで中の美しいムーブメントが見れる時計が欲しいですね。

f:id:reversoduo:20170827173956j:plain

にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
にほんブログ村