読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

語り得ぬものを語る

主に腕時計と鉄道について語るブログです。自分の所有する物や、商品レビューなども書きます。

レベルソ・デュオ(内装編2)

1000時間コントロールテスト ジャガー・ルクルトの時計は、クロノメーター規格よりも遥かに厳しい基準で、自社製品の品質と精度を保証している。 6姿勢にて行う歩度チェック、腕の振りを模した往復運動による耐久テスト、温度変化に対する耐性や衝撃耐性、防…

レベルソ・デュオ(内装編1)

今回から2回にわたって内装について語る。 マニュファクチュール レベルソのムーブメントを語る上で、マニュファクチュールという言葉は欠かせない。 マニュファクチュールとは、時計の心臓部であるムーブメントから自社で一貫して制作する会社のことを言う…

オリエントエクスプレス88

道楽オヤジの手記。 C62の25号機とD51の修理に目処がついたので、よい客車を引かせたいなと思っていた。そこで目を付けたのが、88年に日本にも来たことのあるオリエントエクスプレスだ。 当時中学生だった私は、友人と上野駅の地下ホームに停まって…

雑誌Pen

今月号のPenは面白いです。 毎年恒例の時計特集ですが、ほとんど丸ごと一冊時計のみという大胆な企画。 「最初」と「最後」の腕時計はどれだ?!ということで、多方面の著名人のインタビューを載せています。 時計雑誌のような提灯記事、紋切り型の宣伝とは…

レベルソ・デュオ(外装編3)

表面のデザイン 文字盤 アール・デコを基調とした幾何学的なデザインで、クラシックながらも洗練された印象だ。スモールセコンド位置の「6」を除いて、アラビア数字の一部が欠けることなく記載されているところが気に入っている。 中心には波模様のギョーシ…

プレシャスウォッチコレクション 2016

先日、スウオッチグループの総本山であるニコラス・G・ハイエックセンターから招待状(召集令状?)が届いたので出向きました。 こちらが会場の様子。 開始まもない時間についたせいか、人の数はまばらでしたが、時計が好きそうな男性やカップル、家族連れな…

小湊鉄道に乗る

初めて小湊鉄道に乗りました。二両編成のディーゼルカーは風情たっぷり。 養老渓谷にあった案山子。10頭身なうえに顔がリアルで怖いです。みんなもこみちみたい。なぜこんな案山子ばかり置いてあるのかは、しばらくしてから分かりました。 オフシーズンのせ…

レベルソ・デュオ(外装編2)

反転する機構 名前の由来 レベルソ(REVERSO)とはラテン語で「回転する」という意味で、時計の名前の由来になっている。 インドに駐在するイギリス人の将校が「ポロの激しい試合の際にも耐えうる時計を作ってほしい」というリクエストを出したことがきっか…

レベルソ・デュオ(外装編1)

レベルソ・デュオを購入して1年半が経った。 購入当時の興奮はもはやないが、この時計に対する愛着は日に日に増している。 そこで、冷静な気持ちでこの時計を論じてみたいと思うのだが、デザイン(外装)についてもムーブメント(内装)についても書くべき…

ブログ開設

今日からブログを始めてみることにしました。 自分の好きなテーマである腕時計や鉄道、ピアノなど、思ったことを自由に綴ろうと思います。 どうぞよろしくお願いします。